前橋市の整体

現代社会での整体とは

現代社会で「整体」というと「自分以外の他人(治療者)に自分の身体をゆだね整えてもらう」というイメージが定着していますが、本来の整体とは「自分の身体を自分で整える」ことが大切だと前橋市のひかり接骨院では考えています。

自分の意思で心身を整えることが一番良い「整体」ではないでしょうか。

「外見の身体」「内面の身体」が心身をつくり上げています。

そこで大切になるのが「運動」による身体を鍛え整えることです。

また「食事」は身体を作り上げるものですので整体に大切になります。

そして「考え方」は心と身体はつなりますので心を整えることも大切です。

「自分の身体は自分で整えられる」そう信じていますので、ひかり接骨院のスローガンは

「整形外科・接骨院・整体に通わない身体つくり」です。

自分の身体を整えるのは、

  1. 他人でもなく
  2. 薬でもなく
  3. 器械でもない

と考えています。

 

このことを基礎の部分として踏まえてもらい、このページを読み進めてくださいね。

 

整体とは

整体とは、日本語では主に手技を用いた民間療法や代替療法を指します。アメリカで誕生したカイロプラクティックやオステオパシーなどと日本古来の手技療法とを組み合わせたものを「整体」や「指圧」と名付けたのが始まりのようです。現在、俗に用いられる意味ではカイロプラクティックに似た骨格の矯正(主に背骨)を目的とした手技療法を指して使われるようです。脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)など、からだ全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正、骨格筋の調整などを、手足を使った手技と補助道具で行う技術およびその行為を指しています。

 

 また日本で有名な野口整体では

「体が弱いことに気がついたら強くすることだ。脚は使えば強くなる 。腕も使うほど太くなる。胃袋だって 心臓だって 鍛えられぬということはない。使い方次第だ。」

こんなことを言っています。

 

 

みなさまの整体のイメージ

「整体」と聞いて、みなさんがはじめに思い浮かべるのは「骨盤矯正」「骨盤調整」ではないでしょうか!?

ひかり接骨院に整体でのお問い合わせがくる場合、みなさまが口にするのは、

「骨盤矯正をしないと痩せないから。」

「骨盤矯正しないとスタイルが悪くなるから。」

「骨盤矯正しないと産後は大変だから。」

などが多いです。

実際、巷ではあたかも骨盤矯正が身体の全てにおいて万能ということが謳われています。

TVや雑誌が過大にこういうことを宣伝したり、取り上げているので、こういったお問い合わせが多くなるのは仕方ないことかもしれません。

 

また他の機関で

「骨盤の歪みが痛みの原因だね。」

「骨盤の歪みが太る原因だね。」

「骨盤矯正をしなくちゃだめだよ。」

など不安を煽るようなことを言いわれて、みなさんも不安になる方も多くいます。

 

本当のそうなのでしょうか?

では、どのような状態の骨盤が「良い骨盤」なのでしょうか?

良い骨盤とは

みなさん、骨盤は何で出来ているかわかりますか?

そうです「骨」ですよね。

骨盤は「骨」で出来ているんです。

 

では、骨(骨盤)の位置(姿勢)を決めているのは何かわかりますか?

そうです「筋肉」です。

骨(骨盤)の位置(姿勢)を決めているのは「筋肉」なんです。

 

みなさん、下の筋肉の図を見て下さい。

この筋肉の図でわかるように骨盤の周りにはいろいろな筋肉がついています。(この図以外に多くの筋肉が骨盤についています)

こういった筋肉が硬くなって骨盤を引っ張ったり、筋肉が弱くて骨盤が伸ばされたりして「骨盤の位置」が決まるわけです。

 

 

ですから良くみなさんから質問を受ける、

「骨盤ボキボキすれば整いますか?」

「骨盤だけいじれば良くなりますか?」

「器械でガチャガチャすれば整いますか?」

という質問に前橋市のひかり接骨院では「筋肉を調整しないと治りませんよ。」と答えています。

では、硬い筋肉をマッサージやストレッチで調整すれば骨盤は一時的に「左右差のない良い骨盤」になりそうと考えられますが、残念ながらそう簡単に骨盤矯正は行かないんです。

 

骨盤の位置に影響するもの

骨盤の位置を決めているのは「筋肉」と言う事は理解できたでしょうか。

ではなんで「硬い筋肉や軟らかい筋肉」「強い筋肉や弱い筋肉」が出来上がるのでしょうか。

単に運動不足の事と言う事もあるでしょう。しかし、しっかり筋肉がついている人でも「硬い筋肉や軟らかい筋肉」「強い筋肉や弱い筋肉」という特徴がみなさんにあります。

これは動き方」によって筋肉のつき方が違い、使い方がにより「硬い筋肉や軟らかい筋肉」「強い筋肉や弱い筋肉」が出来てしまうのです。

逆を言えば筋肉のつき方で、どのような動きをしているのかもわかると言う事です。

そこでその「動き方」に影響する大きな因子を3つ挙げます。

①足

②骨盤

③首回り

この3つがあげられます。

これらが連動し合いながら「動き方」というものをつくり上げています。

これを専門用語では「運動連鎖」「kineticchain」と言います。

 

「骨盤」は運動学的に「足」「首回り」の影響を受けます。ですから 「骨盤だけいじっても骨盤は整いません。」とみなさんに説明させていただいています。

 

なんとなく理解できましたか。

この文章を読み進めてくれた方なら

「骨盤ボキボキすれば整いますか?」

「骨盤だけいじれば良くなりますか?」

「器械でガチャガチャすれば整いますか?」

という素朴な疑問も少しは解消したのではないでしょうか。

 

単純に「骨盤矯正」と言っても、身体すべての評価を行わないとできないもので、本当に難しいものなのです。

はっきり言います!

全身の評価が出来ないと「整体」「骨盤矯正」は出来ません。

左右差がないとは良いこと?

人間は左右差がある生き物です。左右差がない人を見たことがありますか?

たとえば自分の顔を見て下さい。左右対称な方はいますか?

目の大きさ、顎の張り具合、ホクロなんて左右対称ではないですよね。

これと同じように身体は左右対称に作られていません。

脳にしても「右脳」「左脳」というものがありますし、身体でいえば「右利き」「左利き」というものも存在し筋肉の発達の度合いも左右で違います。内臓も左右対称に作られいません。このように人間の身体は左右非対称に作られているんです。

ですから皆さんにいつも言うことは

「左右差はあって良いんですよ。」

「左右差のない人はいません。」

「ちょっとくらい歪んでいた方が個性があって良いですよ。」

とお話しさせていただいています。

 

これを理解できれば他の機関で

「骨盤の歪みが痛みの原因だね。」

「骨盤の歪みが太る原因だね。」

「骨盤矯正をしなくちゃだめだよ。」

と言われても恐れることはありませんよね。

 

みんな顔が違うように

みんな骨盤も違くて良いんです。

安心してくださいね。

個性を大切にしてください。

 

左右対称(シンメトリー)ビジネスが流行りの現代社会です。

「骨盤が入っているね」

「骨盤が開いているね」

「骨盤が歪んでいるね」

こういう言葉は不安を煽るだけなので、こういうことを言う他の機関には自分で出来る改善方法(セルフエクササイズ)を聞くことにしましょう。

「通ってください」と心の声が聞こえたらその機関は要注意です。

 

本当の「整体」とは、足・腰・首などを動的・静的に総合的に診ることと考えます!

また、身体のみならず、生きるということを考えると身体は整うのではないでしょうか。

 


 

参考にこちらもご覧ください。 


交通事故 診療時間

お問い合わせ・電話予約

027-289-2032

※電話予約受付時間 8時~21時(お気軽にご相談ください)

※受付時間 午前9時~12時・午後3時~9時

※大変混みあっていますので予約制となります。

※交通事故治療優先時間も設けております。

  接骨院 電話番号

 

住所

群馬県前橋市下沖町94

アクセス

上毛電鉄 三俣駅下車 徒歩10分

JR前橋駅下車 車で10分